日焼け対策

知らないと損する日焼け止めの正しい選び方

ナース

日焼け対策には日焼け止めが大切。
でも、日焼け止めは種類も多くてどれを選べばいいのかわからない...

 

そんなあなたは5つのポイントを押さえて日焼け止めを選んでください。

 

 

UVカット率(SPF50・PA++++)をしっかりチェック

日焼け止めの基本性能はUVカット率です。
PAはUV-A波、SPFはUV-B波のブロック指数を表しています。これらの値が高いものを選びましょう。

 

汗に強いウォータープルーフかどうかをチェック

とくに汗をかきやすい夏場は汗と一緒に日焼け止めが流れてしまいます。
ウォータープルーフなど、汗に強いものを選べば塗り直しも少なく、効果も長続きします。

 

専用のクレンジングが必要かどうかをチェック

毎日のことなので、専用のクレンジング不要のものが楽ちんです。
ブロック指数が高くなると専用クレンジングが必要なことが多く、洗顔による肌へのダメージも心配です。

 

値段と効果のバランスをチェック

日焼け止めは継続的に使うので、品質と価格のバランスが大切です。
日焼け対策の基本なので、安くても効果がなければ意味がないですし、高くても続かなくなってしまいます。

 

セール品かどうかをチェック

調べてみると、日焼け止めを販売している多くのメーカーが製造から1年程度を使用期限の目安としているようです。
夏になるとドラッグストアなどで前年の日焼け止めをセールで安く販売している場合もあるようなので、注意しましょう。

オススメの日焼け止めはずばりコレ!

日焼け止め

自分で書いておいてなんですが、なかなか上記の条件すべてを満たす製品を探すのは思ったより困難でした(笑)

 

アットコスメなどの口コミサイト、美容化粧品関連サイトをしらみつぶしにチェックしたところ、ようやく1つオススメの商品をみつけました。

 

みんなの評判も上々です。

 

それが...
【ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト】

 

 

ホワイティシモといえばCMでも同じみの美白化粧品ですね。
ポーラさんのなかでもホワイティシモは高級ラインナップですが、これは手を出しやすい価格になってます。

 

毎日使うものなので、その辺はポーラさんも考えてくれているのかも。

 

 

ブロック指数は最高レベルのSPF50・PA++++
もちろんウォータープルーフ
専用クレンジングも不要
国産で美白・保湿成分も配合
そして送料も無料

 

至れり尽くせりですね。

 

美白成分や保湿成分まで配合されているのはおどろきでした。
このプラスアルファが人気の秘訣なのかも。

 

 

さっそく試してみることに

日焼け止め

手元に届いたので、さっそく試してみることに。
リサーチした以上、最後は自分でも使ってみないとね。

 

最初におどろいたのは容器にみっちり入ってる(笑)
振ってみるとよくわかりますが、日焼け止めってこんなに入ってるっけ?てなります。

 

さて本題。

 

さっそく腕に使ってみるとサラっとしてて伸びがいいです。
塗ったすぐ後もベタベタしない。

 

白残りもぜんぜんなく、肌なじみがいいので重ね塗りしても重たくなりません。

 

思いのほか伸びがいいので、思ったより少なくてもいいのかも。
注意しないといっぱい出てもったいないです。

 

 

香りも強くないですね。
説明書によると、ナチュラルハーブの香りとのこと。虫が寄りにくいそうです。

 

わたし的にはハーブっぽい感じはしなかったです。いい匂い。

 

 

いまさらですけど、やはり人気シリーズはすごいんですね。
10代の時は安い日焼け止め使ってましたけど、やっぱりぜんぜん違う。

 

さすがに10代の時に使うには少々お高いですけど、20代〜40代と幅広く支持されてる理由がよくわかります。

 

オススメですのでぜひ一度、チェックしてみてくださいね。

 

>> 【ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト】はこちらをクリック